カテゴリー

  • カテゴリーなし

日本では今うつ病患者が増加しています。
発展途上国でも無いのに、ここまで鬱病の患者が増え、自殺者が増えているのは日本だけです。
これだけ精神的な病気が増えている上に、ストレスも多くなっているのに日本人はメンタル面への配慮を持っていない人が多いです。
外国ではカウンセラーが様々な分野に突出して存在しており、様々な所で相談員をしています。
更に、鬱病等に関しての理解もあり、対応方法が分かっています。

もし海外で自分の子供が鬱病等になれば、たいていの家庭がその症状を受け入れ、改善しようと配慮してくれます。
しかし、日本はそうではありません。
日本国内では子供が鬱病になった時に世間体を気にして隠したり、甘えだ、我慢が足りないと言う理由から子供に当たり散らしてしまう親が多いです。
更には、子供の為であると言う事を言い訳にして、親の思い通りに子供を操ろうと優しい言葉をかけつつ、しかしストレスを減らしたり鬱病の治療はさせないと言う形になってしまっています。
これは、社会的な考えてメンタル面の病気が全く理解されていない事に関係しています。

今鬱に関しての薬は様々な種類が出ており、中でも近年注目されている物にテグレトールがあります。
鬱はその人によって原因も違えば、症状や悪化具合も違います。
その為に、しっかりと病院へ行き、その人に合った治療をしなければいけません。
薬の利用方法もテグレトールを使うか、違う薬を利用するか状態によって大きく変化します。
すぐに決めつけて対処するのでは無く、しっかりと病院へ行き薬を利用する必要がある場合には薬を使って症状を改善する事が大切です。
更に、拒否するのでは無くしっかりとこれらの状況を受け止め、一緒に改善していけるように配慮する心の余裕が必要になります。

今テグレトールを利用している人は多く、テグレトール以外の治療薬を使っている人も多いです。

外部リンク

抗てんかん薬のテグレトールを購入できる通販サイトがありますよ。購入を検討しているならサイトをチェックしてみましょう。

アーカイブ

Bookmarks